株式会社KADeLロゴ

トンネルのある家 / 奈良県

CASE47

施主様
奈良県北葛城郡N様
担当
西尾真一
竣工
2020年2月
今回お話を伺ったのは、奈良県北葛城郡河合町にお住まいのN様ご家族。N様はお子様のことを考え、キッチンに立っていてもお子様の様子がわかる大きな窓と吹き抜けのある開放的な住まいを建てられました。ご新居に引っ越しをされてから約1年が経過し、家づくりを始められてから今までの思い出を振り返りながら、楽しくお話をさせていただきました。

家づくりを始められたきっかけは何でしたか。

ご主人:元々、注文住宅を建てたいっていう思いは二人ともありました

奥様:上の子が小学校があがるまでに建てたいと考えていました。まずは家づくりをする上で何を考えていったらいいかを教えてほしくて、スーモカウンターに相談に行きました。

他の設計事務所やハウスメーカーもご検討されましたか。

奥様:6社から7社くらい大手ハウスメーカーも含めてスーモカウンターさんに紹介してもらいました。KADeLさんのことはその時に知りました。担当者に話を聞いたり、実際に家を見に行ったりしたんですけど、最終的にはKADeLさんともう1社の2社で悩んでいました。

ご主人:もう1社は東大阪の地域に根差したJ社さんで、家の雰囲気が好きな感じでした。

KADeLの契約の決め手は何でしたか。

奥様:営業の三船さんとの相性が大きな決め手でした。もう1社はどちらかというと受け身でしたが、三船さんは、まだ契約とか全然考えていない段階から、土地探しから一緒にしてくれて、次はこの土地を見ましょうかと、ちょうどいい距離感でリードしてくれました。

ご主人:三船さんのタイプが僕らには合ってました。

奥様:押すでもなく、引くでもなく、同じ足並みで土地をいろいろ紹介してくれました。

ご主人:ホントに土地探しはわからないことばかりでしたが、三船さんがわからないことを教えてくれて、それが安心感につながりました。

奥様:色んな土地の見方を教えてくれました。

ご主人:色々教えてくれて、ありがたかったです。話の内容もおもしろいし、勉強になりました。

奥様:それから、西尾先生とも相性が良かったです。

ご主人:一番最初にスーモカウンターでお会いしたのが、西尾先生と三船さんだったので、それがすごく良かったです。

奥様:初めてお会いした時も安心感があるというか、受け答えがはっきりしてて、わかりやすかったです。

家づくりで特にこだわったところはどこですか。

奥様:吹き抜けがあって、大きな窓があって景色をしっかり眺められるようにというのは初めからこだわっていました。

ご主人:みんなの居場所がわかるというか、キッチンに立っていても子供が見えるようにしてほしいと伝えました。

奥様:リビングに子供が遊べる空間をつくりたいというのも最初からこだわっていました。

トンネルみたいなアールの出入口があるところは、小さいお子様がわくわくしそうですね。

ご主人:よく走り回っていますね。

奥様:楽しそうにずっと周遊しています。

実際お住まいになられて快適性などはいかがですか。(採光、通風、温度など)

奥様:色々と要望を追加していったんで、もっとリビングがギュッと狭くなるかなと思ったんですけど、完成してみると思ってたより広かったです。

ご主人:広く感じますし、実際に広いです。

奥様:自然光が入るので、家の中も明るいです。方角は北西向きで、ほとんど直射日光が入らないんですが、日中電気をつけなくても1日中明るいので、窓の配置を考えて設計してくださっていると思いました。

ご主人:風に関しては、夏、ホントすごい風が入ってきて気持ち良かったです。

奥様:まさに風の家やね。

ご主人:上から吹く風と、横から吹く風もあって、春や秋の季節に窓を開けていると、やっぱり気持ちいいなとなりますね。

奥様:吹き抜けがあるので、冬は寒いんじゃないかとか、夏は西日で暑いんじゃないかとか、結構心配してたんですけど、そんなに身構えるほどじゃなかったです。冬の寒さは暖房で一度あたためてしまえば、ずっと暖かいです。夏はすだれをかけたら直射日光を防げるので快適でした。

ご主人:営業さんから断熱の説明を受けていたのですが、改めて実感できました。

他に特に気に入っている場所や過ごし方があれば教えてください。

ご主人:キッチンですね。僕は料理が好きなんですが、子供たちが遊んでいるのを見ながら、料理ができるのがいいですね。

奥様:私は、この家ならではでいいなって思ったのは、窓の近くの小上がりになっているところです。そこで、おうちピクニックじゃないですけど、コロナで外にあんまり出られない時でも、そこで外の景色を眺めながらご飯食べたりするのが、お気に入りです。

ご主人:夏は毎日のようにそこでご飯食べてたな。

お子さんはいつもどこで遊んでいますか?

ご主人:本当は子供が遊ぶために用意したスペースだけで遊ばせたかったですが、リビングの窓側や和室で遊んでいます。

奥様:ダウンリビングになっているので、キッチン側へはそこまで来ないです。

ご主人:まだ子供が小さいので、そこまで有効活用はできていないですが、ウッドデッキでプールや雪遊びもしましたね。

最後に、これから家を建てられる人に向けて、一言アドバイスをお願いします。

ご主人:コンセプトではないですが、自分たちが何をしたいか。何のために家に住むかとか、何を大事にしているかとかを考えておいたほうがいいですね。家のことだけじゃなくて、人生計画的な。何年先に、これをしたいということがないと、ブレてしまって、なんで家買うのってなってしまうと思います。

奥様:私は、色々な会社や家を見に行って、実際に動いたほうがいいと思います。私たちも考えられるだけ考えて、もちろんそれも大事ですが、実際に動いて体感してみないとわからないことがいっぱいありました。

ご主人:写真でいいなと思っていても、実際に行ったら別のところがいいと思うこともありました。段差が下がっている理由が、人の目線が合うように設計されているとか、実際に行って話を聞かないとわかりませんでした。どんな考えで設計しているかは、直接話を聞きに行ったほうがいいと思います。

ご協力ありがとうございました。

KADeLに関するお問合せはお電話とメールにて承っております。

お電話でのお問い合わせ
0120-259-118

受付時間 9:00~18:00
(水曜日、第2・第4木曜日 定休)
※上記定休日が祝日の場合は営業しております

ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら