株式会社KADeLロゴ

愉しむ家

CASE14

施主様
K様
担当
西尾真一
竣工
2017年5月

KADeLのことは、何でお知りになりましたか。

奥様:夫のこだわりが強く、インターネットで斬新な家を探していたところ、KADeLを見つけました。

ご主人:やっぱり色々他の会社を見たんですけど、ありきたりというか、見た目はあまり変わりません。どうせつくるんだったら、自分が返ってきて楽しくなるような家がいいなと思ったのが一つのきっかけです。たまたま雑誌を見さしてもらったら、KADeLさんの家が自分の家を建ててもらえるんじゃないかと思ったことがきっかけですね。

他の設計事務所やハウスメーカーもご検討されましたか。

ご主人:当初、工務店に任すつもりはありませんでした。何千万もする買物なので、ハウスメーカーの方が信用できると考えていました。でも、話を聞いて工務店もいいかなと思うようになりました。

奥様:最初はハウスメーカーの展示場などに行きました。しかし、好みが合わなくて、インターネットで工務店を探しました。

最終的にKADeLに決められたポイント(理由)をお聞かせください。

奥様:普通の家っぽくないという夫のやりたいことと合致したことが一番のポイントだと思います。KADeLで建てた家は「囲炉裏の住宅」を見学し、奈良の「とおり庭の家」も外観だけ見ました。

ご主人:どちらかというと、他のハウスメーカーというのは、話を聞けば聞くほど、「その通りですね」と納得するなと思いました。例えば、耐震の基準とか。納得はしたんですが、螺旋階段とかを入れようとすると耐震の基準とか考えたときに、やっぱり難しいと言われます。KADeLのところに行くと、「できます」と答えてくれて、耐震のことも話を聞いて納得できたので、KADeLに決めました。

家づくりで特にこだわったところはどこですか。(ご夫婦それぞれ)

ご主人:とりあえず変わった家にしたくて、まずは外観にこだわりました。ネットとかでもいろいろ見ました。3階建てで狭小住宅でどんな変わった家ができるのかっているのを見ていたんですが、同じものばかりで、ある程度の形でしか浮かばないんですよね。西尾さんに、僕の頭の中では限界があるので、一度変わった家、他にはない家っていうのだけ伝えて、色々とプランを出してもらいました。螺旋階段にしたり、白い床にしたり、壁に大きな地図を描いたり、たくさんのこだわりも聞いてもらいました。妻の意見も聞きながら、試行錯誤して、最後の最後は自分で決めました。完成してから、改めて感動しました。

奥様:私は明るさを重視しました。建替える前の家が少し暗かったので、どのフロアも明るく、日中電気をつけなくても過ごせるようにしてもらいました。

想像した建物のイメージと出来上がった建物のイメージに変わりはありますか。

奥様:想像以上に良くて驚きました。

実際にお住まいになられて快適性などはいかがですか。

奥様:夏は直射日光があまり入らず、涼しくて過ごしやすかったです。1階から3階まで螺旋階段になっていることもあり、どこにいても家族のつながりを感じられます。風も北側から入ってきて心地よいです。

最後に、お気に入りの場所があれば教えてください。(ご夫婦それぞれ)

奥様:キッチンです。キッチンの背面に自分専用のスペースを作ってもらい、外に向かって座ると窓から外の景色も見えて、落ち着きます。あとは、リビングの大きな窓の近くで床に座ってくつろぐことも多いです。夫は2階のバルコニーが特にお気に入りだと思います。この前の中秋の名月の日は、3階のバルコニーで天体観測をしていました。

ご主人:いくつかあるんですけど、やっぱり外観が気に入っています。

本日は貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。

KADeLに関するお問合せはお電話とメールにて承っております。

お電話でのお問い合わせ
0120-259-118

受付時間 9:00~18:00
(水曜日、第2・第4木曜日 定休)
※上記定休日が祝日の場合は営業しております

ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら