藤井寺市 E様邸

  • □施主様:藤井寺市E様
  • □担当/秋山かず子
  • □竣工/2009年
  • ← 写真右/施主様ご夫婦 写真左/担当(秋山)

    今日が竣工の日、ようやく落ち着ける夢の我が家の完成となりました。
    思い返せばスタートは偶然からはじまったんです。

    これまで住宅会社の公開する色々な住宅を見てきました。しかしでのモデルハウスでも二人の心に響くどころか、まるで逆行するようにテンションは下がるばかりでした。大方ふたりの結論が、もうどこもピンとこないね、一度諦めて、素敵な出会いがあるまで見送ろうか…というところまでになっていました。

    そんな諦めかけた空気の中で偶然に目にした美しい町並み(藤井寺市国府)に吸い込まれるように「凛椛Organic」にたどり着くことができたのです。衝撃でした。「これだ!」とふたりの心に同時に響いたのです。恋愛で喩えるなら正しく「一目惚れ」が一番ピッタリはまる表現でしょう。恋する心のままに現在へと至っています。
    実際には色んな打合せや行事があり、相談・計画・実施などを経ていくわけですが、竣工を迎えるにあたり新たな感動がたくさんありました…。広さの感覚、明るさの感じ方、プライバシーの守られ方、動線のこと、居心地の良さ、温熱環境の快適さ、落ち着ける感じ、収納の工夫、などなど。これらは実際建築と外構が全て完成して初めて理解できる内容だと痛感しました。ほとんどが感覚的な事なのです。皆さんは普通、敷地の方位、坪数、部屋の帖数や天井の高さ、素材の高級さ、設備の性能の高さ、等の数字的・文章的な事柄で住宅をジャッジする傾向が強いと思いますが、今は、それらが本物の住宅のクオリティを左右するのではないように感じています。居心地の良さとは人の心が感じるものなのですね。その理由は設計者の脳裏には当初から存在しているのでしょう…。心地よい感動を胸に、大切に毎日を過ごしていきたいと思います。