1.パッシブデザインの話     2.断熱の話     3.構造の話

断熱の話
断熱の必要性 ~ 温度差の少ないストレスフリーな住宅にするには~
冬暖かく、夏涼しい住宅にするためには、まず断熱性能を上げる事が基本です。

家の断熱性を高めて外気温の影響を受けにくくすることで、
夏は室内の温度上昇を抑えて快適に、冬は家全体が暖かくなって部屋間の温度差を少なくすることができます。
しっかりと断熱気密化された住宅では、どの部屋でも同じような室温になり、
床と天井付近の温度差も小さくなり温度差によるストレスを感じない快適な住まいになります。

長期優良住宅対応の
次世代省エネ基準
弊社は、次世代省エネ基準を標準にしています。気密性のない壁は、室内の水蒸気が壁の内部に侵入することになり、壁内部で結露が生じ、土台や柱などの構造材を腐らされていたケースがありました。阪神淡路大震災でも、このようなことが要因となった事例が報告されており、断熱材の誤った使用法が本来長持ちするはずの住宅の寿命をかえって縮めてしまうケースもありました。次世代省エネ基準では、こうした事例を踏まえながら十分な結露対策を行うことで、より長持ちする耐久性に優れた住まいが実現できます。
木造住宅に適した
充填断熱工法
断熱工法には大きく分けて充填断熱工法と外張り断熱工法の二種類があり、インターネットなどでは外張り断熱が最も優れた断熱工法であるかのように謳われていますが、実は木造は鉄骨造や鉄筋コンクリート造と違い、木の伝導率は低く、柱・梁などの断熱充填が出来ない部位も内外の温度差に大きな影響を与えません。弊社では、木造住宅を効率よく断熱することのできる充填断熱工法で施工しています。
家全体を隙間無くすっぽり覆う
吹付断熱
無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10Kの約1.5 倍の断熱効果を保持しています。また、透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間にわたって快適な空間を維持することができます。硬質ウレタンフォームによる隙間の無い施工で高い気密性も実現。細かな吸音性にも優れています。

天才断熱材
「フェノバボード」
壁に加えて、床下には、熱伝導率が低い空気よりも小さな値の0.019W / m・k しかない「フェノバボード」を標準採用し、天井裏にはグラスウールを敷設した上で高気密住宅にも採用されている防湿気密シートを全面施工することで、長期優良住宅の対象となる次世代省エネ基準(温熱等級4)をクリアしています。
大工棟梁のきめ細やかな
施工精度
断熱材が持つ性能や材料特性をフルに発揮するためには、確かな施工技術が必要です。いくら性能の高い断熱材を使用しても、施工不良があればそこから熱の移動が起きてしまいます。家の断熱性能や温熱環境は、断熱材の厚さ、比重、密度などの数値的な性能ばかりでなく、施工精度、施工方法によっても大きく左右されます。
弊社では、施工精度をお客様の目で実際にご確認していただけるよう、施工中の工事現場見学会を随時開催しています。断熱材が持つ性能をフルに発揮する、大工棟梁のきめ細やかな施工技術を是非現地でご確認下さい。
アルミサッシの結露を防ぐ
樹脂製の枠
家の温熱環境を考える上でもうひとつ重要なことが開口部(アルミサッシ)です。
外気温から影響を一番受け、かつ熱の出入りが一番多いのが実はこのサッシで、サッシの断熱性能(温熱対策)は建物全体の断熱性能を左右すると言っても過言ではありません。
弊社では、居室のサッシに断熱性の高い複層ガラスを使用することはもちろん、サッシ内側に樹脂枠を使い、結露の発生を抑えることで、開口部からの熱の出入りを少なくしています。

次へ » 構造の話
Top