株式会社KADeLロゴ

コンセプト 基本性能

耐震(工法)

高耐久・高耐震ベタ基礎一体打ち工法
高耐久・高耐震ベタ基礎一体打ち工法

弊社では、全国でも数少ない次世代工法であるベタ基礎一体打ち工法を標準採用しています。一般的なベタ基礎に比べて高耐久・高耐震仕様となっております。

・鉄筋径 D13(弊社) ⇔ D13・D10の併用(建築基準法)
・ピッチ 200mm(弊社) ⇔ 300mm(建築基準法)
・コンクリート厚 150mm(弊社) ⇔ 120mm(建築基準法)
・地震のときに力のかかりやすい建物4隅へコーナーハンチを設置

高耐震ハイブリッド木造軸組工法
高耐震ハイブリッド木造軸組工法

木造軸組工法は地震・台風・高温多湿・雪という日本の厳しい外的条件の中で、長い年月をかけて培われ完成された日本の伝統的な工法です。
弊社ではこの木造軸組工法をベースに、2×4 工法(枠組壁工法) のメリットである耐力壁、正方形枡組剛床工法、さらにコンクリートベタ基礎一体打ち工法、全周囲基礎パッキン工法、防震ゴム付鋼製束の採用、屋根材の軽量化を図った減震工法など様々な耐震対策を組み合わせた高耐震ハイブリッド木造軸組工法を採用しています。

正方形枡組剛床工法
正方形枡組剛床工法

剛床工法とは、24mm以上の合板を床に貼付ける床組工法です。剛床工法では従来の床組にあった根太を設けず、その代わりに床下地合板の厚みを厚くして直接梁材に留めつける床組になっており、根太レス工法とも呼ばれています。
剛床工法の大きな特徴は、地震や台風に強いことです。24mm厚の構造用合板(構造耐力上主要な部分に用いる目的で製造された合板)を直接梁材に留めつけることができるため、地震・台風時に発生する水平荷重(横からの力)によるねじれや歪みに対して強い抵抗力(水平剛性)を発揮します。
特に地震時に大きな外力が作用する2階床については、床梁の間隔を従来の910×1820ではなく910×910の正方形枡組とし、水平剛性をさらに高めた強靭な仕様としています。

耐震構法SE構法
耐震構法SE構法

SE構法とは、一定の強度を満たした集成材と独自のSE金物、鉄骨造やRC造と同じ手法での構造計算を採用することで、高い耐震性を実現した工法です。
木造住宅の美しさを保ちながら、最大9mスパンのビルトインガレージ(3台駐車可能)など、ご要望に合わせて建築することができます。耐震性と美しさを両立した優れた技術です。
※オプション対応

断熱(気密・吸音)

現場発泡硬質ウレタンフォーム吹付断熱(アクアフォーム)
現場発泡硬質ウレタンフォーム吹付断熱(アクアフォーム)

水の力で発砲する硬質ウレタンフォームの断熱材を採用しています。
住宅の隅から隅まで家全体をスッポリと覆ってしまう現場で吹き付け発砲する断熱材です。熱伝導率は 0.034W / m・k 、C値は2.0以下(北海道の省エネ基準値)と「気密性」「断熱性」「吸音性」を長期にわたって高いレベルで実現しています。 暑さ、寒さを遮断し家中どの部屋でも同じような室温に保ちます。省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房費に要する光熱費も大幅に削減できます。

高性能フェノールフォーム保温板(フェノバボード)
高性能フェノールフォーム保温板(フェノバボード)

壁に加えて、床下には、熱伝導率が低い空気よりも小さな値の0.019W / m・k しかない「フェノバボード」を標準採用しています。
発砲させた樹脂の中の微細な「独立気泡(セル)」とその中の発砲ガスが高い断熱性能を発揮し、長期優良住宅の対象となる次世代省エネ基準(温熱等級4)をクリアしています。

樹脂アングル付アルミサッシ+全居室ペアガラス
樹脂アングル付アルミサッシ+全居室ペアガラス

家の温熱環境を考える上でもうひとつ重要なことが開口部(アルミサッシ)です。
外気温から影響を一番受け、かつ熱の出入りが一番多いのが実はこのサッシで、サッシの断熱性能(温熱対策)は建物全体の断熱性能を左右します。弊社では、居室のサッシに断熱性の高い複層ガラスを使用しています。また、サッシ内側に熱伝導率が低い樹脂アングルを使うことで、夏場は熱気、冬場は冷気を室内に伝えにくいため、結露の発生を抑え、冷暖房効率を高めています。

耐久(減震・通気)

外壁(ブレストロング工法)
外壁(ブレストロング工法)

弊社では外壁に通気層を確保した外壁通気工法(ブレストロング工法)を標準採用することにより、建物内部の湿気を排出して耐久性を向上させています。
他の外壁と比べても耐衝撃性、防火性能に優れており、劣化対策最高等級3にも対応しております。また、モルタルの外壁は目地の無いすっきりとしたデザインで、経年によるメンテナンスを最小限に抑えています。吹付仕上材には高耐久・低汚染性の塗料を使用しているため、長年にわたって美しい外観を保てます。

屋根(ガルバリウム鋼板)
屋根(ガルバリウム鋼板)

屋根は軽い方が重いものより安全という考えは、現在の耐震設計の常識となっています。軽い屋根材を使って建物全体の重量を軽く重心を低くすることで、建物にかかる地震の力を小さくすることができる、これが「減震」という考えです。
弊社では、近年高く評価されているガルバリウム鋼板を標準採用。
ガルバリウム鋼板は錆びにくく、高い耐久性もあり、末永く家を守ります。

基礎パッキン工法
基礎パッキン工法

住宅の床下の換気を行うために基礎と土台の間に基礎パッキンを使う換気工法を基礎パッキン工法と呼びます。従来型の換気口による換気工法の場合、換気口に近い部分は換気されますが、建物の四隅などは空気がこもりがちになり十分な床下換気ができない場合がありました。しかしこの換気工法では、家全体を持ち上げて空気の通り道をつくりながら床下の換気を行うため、建物形状や風向きなどに影響される事なく常に床下の換気が可能です。

防震ゴム付鋼製束
防震ゴム付鋼製束

基礎と同じく建物を床下から支える束には、強度や耐久性に優れた鋼製束に防震ゴムを組み込んだ、防震ゴム付鋼製束を標準採用しています。住宅は、身体には感じない程度の微振動も含めて、交通振動・自然振動・生活振動など常に振動に晒されており、長期的な振動によって接合部のボルトに緩みが生じる恐れがあります。防震ゴムはそんな振動を吸収し、木材接合部のボルトの緩みを防ぐことで万が一の地震のときに建物の耐震性能を最大限に発揮できるようにしています。

KADeLに関するお問合せはお電話とメールにて承っております。

お電話でのお問い合わせ
0120-259-118

受付時間 9:00~18:00
(水曜日、第2・第4木曜日 定休)
※上記定休日が祝日の場合は営業しております

ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら