建築環境総合性能評価システム CASBEE すまい(戸建)

「CASBEE」(建築物総合環境性能評価システム)は、省エネや省資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や景観への配慮といった環境品質・性能の向上といった側面も含めた、建築物の環境性能を総合的に評価し格付けする日本独自の評価システムです。
現在CASBEEは「国土交通省環境行動計画」「京都議定書目標達成計画」などにおいて、その開発と普及が位置付けられており、「CASBEE-新築」「CASBEE-既存」「CASBEE-改修」「CASBEE-HI(ヒートアイランド)」「CASBEE-まちづくり」「CASBEE-すまい(戸建)」が開発されています。

毎年約50万戸建設されている戸建住宅は、建設時や居住する段階で多くのエネルギーを消費しCO2を排出しています。そして近年、そのCO2排出量が増加傾向にあります。これをできるだけ削減するため、開発されたのが「CASBEE-すまい(戸建)」です。

「CASBEE-すまい(戸建)」によって、より良い住環境を持つ家、長く使われる家、省エネルギーや省資源に配慮された家が増えることで、日本全体の環境負荷を大きく削減するとともに住生活の質の向上を図ることができるため、地球や家族に優しい住まいづくりの指標となっています。

わたしたちKADeLは、お客様プレゼンテーション時に「CASBEE-すまい(戸建)」システムを用いて、ご提案時の住宅計画案が実現する快適性や周辺環境、まちなみ、景観などへの貢献といった環境性能や省エネ、省資源、リサイクルなどの環境負荷の面などの環境性能を総合的に評価した評価シートも併せてご提出いたします。

Top